ビジネスはアウトプットがカギ!アウトプットを習慣化する3つのステップ

ビジネスはアウトプットがカギ!アウトプットを習慣化する3つのステップ働き方

アウトプットは、ビジネスにおいて欠かせない力です。

アウトプットが苦手な人でも、その力を鍛えることで、様々な活動で成果を上げることができるようになります。

アウトプットを知らない人も、それが苦手な人も、また、どんどん成長したいという人も、習慣化するまでのステップを学んで、周りからの評価を上げていきましょう。

アウトプットとは?

私たちはビジネスマンとして、日々勉強し、成長し続ける必要があります。

そのためには、学んだ知識を日々アウトプットすることがとても重要といわれます。

ただ、アウトプットが大切と分かっていても、そうすること自体が苦手だったり、やり方がわからないという人もいるでしょう。

ここでは、ビジネスにおけるアウトプットの重要性を基本的な意味から、方法、習慣化するためにどうすべきか、ご紹介していきます。

一般的にビジネスにおけるアプトプットというと、経験学習したことをもとに、成果や実績を出すという意味で使われます。

また、何かを生み出したり、発信していくこと、目に見える形で生産することとわかりやすく解説する方もいるでしょう。

反対に、インプットという言葉は、成果に繋げるための勉強や経験といえます。

このアウトプットとインプットの力をつけることで、ビジネスにおいて、効率的に成果を出すことができるようになるでしょう。

積極的にアウトプットするメリット

一番知ってほしいのは、アウトプットすることでどうあなたへメリットがあるかということ。4つのメリットをご紹介します。

インプットへの理解度が深まる

何かしら自分でアウトプットするには、知識として、情報や経験が必要になります。

そう考えると、アウトプットとインプットは、反復運動と同じで、ひとくくりだと言えます。

アウトプットに対するフィードバックを第三者からもらうことで、アウトプットの成果も上がることはもちろん、インプットした情報や経験がより洗練され、その性能が上がっていきます。

つまりは、1つの仕事が終了したとき、反省を経験値にすることで、さらなるアウトプットを出すことができるようになります。

伝える力が身につく

アウトプットを続けていくと、頭の中が整理され、自分が何を伝えたいのかが、明確になっていきます。

実感としてはわかりにくいかもしれませんが、無意識のうちに伝える力が強化され、気付いた時には、人を動かすための情報発信力が身についていることでしょう。

周囲の評価が上がる

そして、アウトプットとインプットを繰り返し行っていくことで、あなたの存在価値が、意見や結果を多くねん出する人として、周りからしっかり認識されていきます。

たとえ、間違ったアウトプットをしたとしても、積極的に継続していくことが大切です。

トライアンドエラーを繰り返し行う姿勢こそが、成功への近道でもありますし、そのような姿勢は周りへの影響力も大きくなっていきます。

アウトプットの方法

それでは、どのような方法が、アウトプットする方法として適しているのか、一般的な方法を紹介しましょう。

紙に書き出す

アウトプットの代表的方法は、紙に書き出すことです。

単語を機械的に暗記するときに、紙に書いて覚えるという作業をしますので、どちらかというと、インプットのようにも思えますが、インプットで覚えたことを言葉にして書き出し、頭の中を整理するという目的があるので、書き出すということが、アウトプットの方法というわけです。

口に出す

ただ頭の中で考えたり、黙読するだけでなく、音に出してみることも、アウトプットの一つの方法です。

インプットしたことを、自分の口で誰かに向けて発信する機会を得ることができれば、覚えていたつもりや、わかっていたつもりという、自分の力量を知ることができます。

特にビジネスにおいて、そのような機会があれば、積極的に活用したほうがいいです。

行動に移す

実際に何かをやってみることも、アウトプットの一つです。

あることに関して、説明を受けた後、実際にその通りの手順でやってみることも、アウトプットの一つです。

新しいことを実際に挑戦し、何かしらの結果を得ることは、アウトプットにあたります。

言葉で聞いただけ、座学として学んだだけだと、実際にやってみたときに、まだ不十分なことや、わからないことが出てくることがあります。

ビジネスにおいても、本番の前の準備としても活用できます。

アウトプットを習慣化する方法

これまで、アウトプットの方法などを紹介してきましたが、それでもアウトプットは苦手だと感じている方もいるでしょう。

実際にそのような人は、アウトプットが習慣になっていないことが原因のようです。

アウトプットを習慣にすることで、インプットの質と量が上がり、最終的に、アウトプットに対する
苦手意識を克服することにもつながります。

学んだことを書き出す

基本的には、アウトプットの方法と同じですが、まず、紙とペンを用意します。

そして、学んでインプットしたことを、紙に書き出していきます。

箇条書きでも単語だけでも構いません。

とにかく、頭の中を空っぽにするつもりで、頭に浮かんだことをどんどん書き出していきましょう。

きっと、まとまりがない状態だと思いますが、それが今の頭の中だといえます。

この時には、うまいことを書こうとか、いい感じにまとめようと思わず、とにかく完全に頭の中のことを書き出すことに集中しましょう。

人に教えるつもりでまとめる

次に、すべて出し切ったものを、まとめていきます。

その時にポイントは、誰かに教えるつもりでまとめるということです。想定する相手は誰でも構いません。

その相手に、自分が学んだことをある程度理解してもらえるようにまとめることができればいいです。

まとめるとなると、本やネットの記事のように立派にまとめようとしがちですが、そのようにきちんとまとめる必要はありません。

頭の中にばらばらの状態になっている情報を関連付けることで、知識として身に着けるために行います。

この方法で、インプットした情報をアウトプットする力はもちろんですが、人に対しても、伝える力、教える力が鍛えられます。

まとめたものを人に聞いてもらう

これまでのステップで、インプットした情報をアウトプットするという作業を行いました。

これを繰り返し行うこともトレーニングや習慣づけにはなりますが、より力をつけるためには、まとめたものを人に見せる機会を作ることがポイントです。

見せる方法は、自分がやりやすい方法で構いません。

近くの家族や、友人に見てもらうのもいいでしょうし、SNSなどを利用して、発信してみるのもいいです。

人に見せることで、学んだことへの新しい気付きや、アウトプットする際の改善点が見えてくることもあります。

これらの行動を習慣化すると、インプットの質や量が多きく変化します。

一つ一つの行動に対してフィードバックし、アウトプットするには、今のインプットでは不十分じゃないか?と自問自答を繰り返していくことで、もう一つ先の情報を得る習慣が身についてくることでしょう。

まとめ

アウトプットの重要性と、メリットは理解していただけたでしょうか?

学んだ事を生かして、成果を出していきたいのであれば、何度も情報として発信することが大切です。

このことを習慣化して、ぜひあなたのビジネスの成長に役立ててもらえたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました