全容解明!プロダクトローンチの4つのメリットと3つのデメリット!

全容解明!プロダクトローンチの4つのメリットと3つのデメリット!ビジネス・仕事

プロダクトローンチという言葉を聞いたことはありますか?

正しく活用すると、桁違いの売り上げを上げることが可能という、このマーケティング手法ですが、これまでのマーケティング手法と比べて、圧倒的に結果が違うため、詐欺扱いしている人もいるくらいです。

プロダクトローンチは、マーケティング手法の一つです。

メリット、デメリットを正しく知り、ぜひこの手法をマスターするきっかけとなれば嬉しいです。

プロダクトローンチとは?

ネットビジネスを行っていると、「プロダクトローンチ」という言葉をよく聞くと思います。

あまり詳しく解説しているサイトが少ないため、よく言われないこともあるようですが、プロダクトローンチとは、簡単に言うと、「商品を爆発的に売る手法」と言うことができます。

短期間で、ものすごい金額を売り上げることができるほど、威力の高い手法です。

このプロダクトローンチでは、これまで、ネットビジネスにおいて、集客するときに最適とされていた、「長いセールスレターを読ませて集客」するという方法ではなく、提供したい情報をいくつかに分割し、一つ一つに時間をかけて、丁寧に案内していき、見込み客との信頼関係を作った上で、商品を売る、といった流れで行われます。

このような手法が増えてきたのは、時代の変化とともに、情報が増えて、見込み客が長いニュースレターを集中して読むことが難しくなったことが挙げられます。

時間をかけて信頼関係を築く中にも、見込み客の心理や、脳の状態を活性化させる、科学的なアプローチも組み込まれており、一度この手法を学ぶと、半永続的に活用できる手法です。

これからより詳しく、このプロダクトローンチについて、解説していきますので、この強力な手法を学ぶきっかけにしてもらえたら嬉しいです。

プロダクトローンチで商品が売れる理由

プロダクトローンチは、今あるマーケティング手法の中で、心理学と集客システムを組み合わせた「最強の手法」と言われています。

それは、日本だけでなく多くの国々で活用され、確認されているだけでも、1兆円以上の売り上げをもたらしていると言われています。

しかも、大企業が行っているのではなく、個人や中小企業が行っている手法です。

ここでは、どうしてそのような、売り上げを上げることができるのか、その理由を解説していきます。

これまでの集客方法との違い

プロダクトローンチによる、集客手法で、例えばメールアドレスを登録、動画を見たりしたことがある人はわかると思いますが、これまでのマーケティング手法と大きく異なる点は、セールスレターの読ませ方の違いです。

これまでは、メルマガやFacebook、ブログなどから、直接セールレターを読ませていました。

プロダクトローンチは、セールスレターで書かれていることを、例えば、10日間に分けて、4分割したセールスレターの内容を動画などにのせて見せていく、というイメージです。

情報を小出しにして、尚且つ、見込み客の感情や心理状態に合わせて、提供していきますので、徐々に、見込み客の期待度が高まっていきます。

その後、セールスレターを出すことで、爆発的に売れるという流れです。

分割して提供していく情報は、売り込みではなく、価値ある情報の提供です。この価値ある情報こそが、見込み客との信頼関係を深めるポイントとなります。

このポイントが、これまでのマーケティング手法とは異なり、売り込みをしなくても、売れてしまうプロダクトローンチの特徴でもあります。

人間の行動心理に基づいた科学的な手法

もう1つ、これまでのマーケティング手法と異なる点は、2つの見込み客の心を動かす要素が一連の価値提供の中に含まれている事です。

1つは、何をどのような順番で伝えるか、です。

プロダクトローンチの流れは、「見込み客集め」「価値提供」「販売」という3つのステップで成り立ちます。

私たちは、「欲しい!」という気持ちになる前に、価格を知ってしまうと、興味が薄れてしまいます。

プロダクトローンチでは、「価値提供」の部分がとても重要で、ここでいかに、「欲しい!」と思わせるかが重要です。

ですので、「価値提供」の中では、見込み客の問題解決をするには、何をすればいいのか、その考え方を明解にすることに集中して情報提供していきます。

もう1つは、「心理トリガー」を、頻繁に使っている点です。

この「心理トリガー」とは、見込み客の心に働きかけ、購入を決めさせてしまう要因のことを言います。

代表的なものを簡単に紹介します。

●返報性
人は何かを与えれば、その人に何かを返したくなる心理です。無料なのに、有料レベルの情報を提供する理由は、ここにあります。

この返報性を意識して、クオリティの高い価値提供を続けていくことで、結果的に売れていきます。

●理由
1つ伝えたいことがある事に、必ずその理由を入れると、与えるメッセージのインパクトが大きくなるという心理です。

なぜこの商品を販売するのか?なぜ無料で情報を公開するのか?なぜ今買わなければいけないのか?それら全ての理由を伝えることで、見込み客の心を動かすことができます。

●ストーリー
人間は、説明を聞くとつまらなく感じますが、物語=ストーリーを聞くと、すんなりと受け入れることができるという心理です。

いらないとわかっているけど、無性に「欲しい!」と思うようなメッセージは、このストーリーにのせて伝えると、とても有効な心理トリガーになります。

プロダクトローンチのメリット

プロダクトローンチは、これまでの集客手法と異なるため、売上も爆発的な金額に跳ね上がることが多くあります。

最大のメリットは、その売上が桁違いに上がることですが、それ以外にも多くのメリットがあるので、詳しくお伝えしていきます。

大きな見込み客リストが獲得できる

プロダクトローンチが、これまでの集客の方法と異なるということは前述したとおりですが、その内容が、有料級の価値提供を行うという点が大きな違いでした。

そのような情報が、無料で提供されるために、よりたくさんの見込み客がメールアドレスを登録します。

その結果、数千から数万のリストを収集することが可能になっていきます。

売上の金額も桁違いですが、集めることが出来る、見込み客リストも桁違いということが大きなメリットであると言えます。

この膨大なリストを収集できることで、プロダクトローンチ終了後も、他のセミナーや商品を告知していくことで、継続的に売り上げを伸ばすことができます。

ビジネスでは、このリストの多さが命綱となりますが、長期的にビジネスをしていくための基盤を整えることができます。

売り込み不要で販売できる

プロダクトローンチの特徴で、数回に渡って価値提供を行い、見込み客との信頼関係の構築をするというものがありました。

繰り返し情報提供を受けて、信頼度が高まっている見込み客の心理状況は、商品が欲しくてたまらないといった状況になっています。

その結果、売り手側の強い売り込みは不要となり、逆に、感謝されながら購入に至ります。

必要な人に、必要な情報をお届けしていく。

これは、プロダクトローンだからこそ出来ることだと言えます。

ネットマーケティングの要素をマスターできる

プロダクトローンチは、商品を販売するためのプロセス、心理学を使った戦略と、高いレベルのマーケティングをマスターすることができます。

これまで主流だった、ブログやyoutube、Facebookといった媒体を使う場合は、きちんとした戦略がないまま使ってしまうと、成果が上がるのに時間がかかりますし、習得できるノウハウはとても限定的なものになってしまいます。

プロダクトローンチは、「見込み客集め」「価値提供」「販売」といったプロセスを確実に踏み、それを実行してきます。

その中で、人間の行動心理も科学的に活用し、人がものを購入する、心理的トリガーなど、インターネットマーケティングにおける全ての要素を理解することが可能になります。

そしてなにより、それらを通して、売り上げを上げることができるという、体験が何者にも変えがたい経験になります。

商品を持ってなくても稼げる

最後に、プロダクトローンチのメリットとして挙げることができるのは、販売する商品を持ってなくても、他人の商品を販売して、稼ぐことができるという点です。

ネットビジネスをしている方でも、自社の商品を持っていないという人は数多くいます。

そのような人は、他人の商品をプロデュースして、稼ぐことができます。

他人を応援しながら、感謝されて、膨大な利益を得るという、なんともいいことづくしのビジネスを行うことができます。

プロダクトローンチのデメリット

ここまで、プロダクトローンチがいかに、マーケティング手法として優れているか、どのようなメリットがあるかをご紹介してきましたが、デメリットやリスクもしっかり把握しておく必要があります。

広告費と外注費がかかる

プロダクトローンチのメリットに、見込み客リストを大量に集めることが出来ることがありました。

その大量のリストを集めるために、広告費が大きくかかります。

今や、1つのメールアドレスを取得するのに、約1,000円と言われますが、集まったリスト分の支払いが発生するで、それこそ大きな広告費が必要となります。

商品が売れればコストはペイできますが、万が一思うように売れなかった時のリスクとして、事前に費用は把握しておく必要があります。

その他、動画の撮影やセミナー会場費用、コピーライターにもそれなりの報酬を支払わければいけませんので、かなり多額のコストがかかります。

詐欺扱いする人が居る

その他のデメリットとして、プロダクトローンチそのものを詐欺として扱い、誹謗中傷する人たちがいることです。

ほとんどのビジネスでは、このようなことはないのですが、特に、情報販売の業界では、詐欺扱いして来る人が多いようです。

そもそも、プロダクトローンチは、マーケティング手法の一つです。

プロダクトローンチのことを正しく理解すれば、そのようなことはないのですが、プロダクトローンチについて正しく解説しているサイトが少ないことも、原因のひとつかもしれません。

見込み客に求められているのは、コンテンツを販売している人を、見極める力です。

実勢が本当なのか、コンテンツを買った顧客はきちんと成果を上げているか、証拠を見極める目が必要となります。

まとめ

冒頭からお伝えしているとおり、プロダクトローンチは、マーケティング手法の一つです。

正しく学ぶことで、自分自身のビジネススキルも必然的にアップすると思います。

一度身に付けると、一生涯使えるスキルとなりますので、この記事が、より詳しく学ぶきっかけとなれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました