メンタルが弱い人必見!メンタルを強くする改善法5つを紹介!

メンタルが弱い人必見!メンタルを強くする改善法5つを紹介!やる気

私たちの周りでは、「メンタルが弱い」と、嘆く人が意外と多いかもしれません。

しかし、特にスポーツの世界では、そのメンタルを鍛えるコーチがいます。

そう考えると、メンタルは弱くても、全く問題なく、むしろ鍛えることで、強くできるというものです。

もしメンタルを強くしたいと考えているのであれば、この記事で、ぜひ改善方法を知り、実践してみてはいかがでしょうか?

メンタルが弱いとは?

メンタルが強い人と聞くと、

「プレッシャーに強く、本番に結果を出せる人」
「困難にぶつかっても、へこたれない人」
「何が起こっても動じない人」

というようなイメージがあると思います。

特に、スポーツの世界においては、トレーニングやコーチの指導で、メンタルを強くするといったこともよく言われます。

一方、メンタルが弱い人とは、プレッシャーに弱かったり、そんな自分を責めたり、すぐに落ち込んだりと、どこか頼りないというイメージがあります。

メンタルは、先ほどのスポーツの世界のように、鍛えれば強くすることが可能です。

もし、自分でメンタルが弱いと思っていたり、友人知人から、メンタルが弱いと指摘されたり、そんな自分を克服しようと考えているのであれば、ぜひ、読みすすめてもらい、メンタルを強くするきっかけにしてもらえたらと思います。

メンタルが弱い人の特徴

普段生活をしていると、自分がメンタルが弱いと思うことは、頻繁にはないと思います。

自分がメンタルが弱いと、認識したところで、良いことはあまりないように思いますが、もし、現状を変えようと思うのであれば、自分が本当にメンタルが弱いのか、どういう時にメンタルが弱くなるのかをしっかりと確認して、改善策を考えたほうがいいです。

ここから、メンタルが弱い人の特徴をいくつかお伝えしますので、当てはまる点があるかどうかチェックしてみましょう。

自分の気持ちを上手く言えない人

メンタルが弱い人の特徴で、自分の考えや思ったことを、うまく伝えることができないという点があります。

メンタルが弱い人は、自己表現がうまくいかないので、自分の気持ちを理解してもらうことが出来づらくなります。

その結果、自分に自信を持つことが難しくなり、ますます気持ちが折れてしまうことが多くなるようです。

頑固な人

メンタルが弱い人は、実は頑固な人が多いようです。

一見頑固な人は、メンタルが強いと思われがちですが、人の意見を素直に取り入れることが苦手な人というのは、自分の内面を人に壊されることを怖がっている人です。

もし、友人知人からのアドバイスがあったとき、素直に受け止めようとしないばかりに、うまくいくこともいかなかったり、自分自身も成長しないことも多くあるようです。

落ちこみやすい人

メンタルが弱い人とイメージするのが、落ちこみやすい人です。

メンタルが弱い人は、気持ちの切り替えが苦手な人です。

仕事や恋愛、その他日常でうまくいかないことがあっても、いいことばかりではないからと、気持ちを切り替えたり、うまくいかなかった原因を考えて、次へ活かそうという考えを持つことができません。

落ち込んだ状態から、なかなか這い上がることができないため、回りから気を使われて、さらに落ち込んでしまったりと、負のスパイラルに陥ることもあります。

自己主張ができない人

メンタルが弱い人は、人に気持ちを伝えることが苦手とお伝えしましたが、そのため、自分の主張をすることができません。

しかし、メンタルが弱いといっても、心の中では自分の考えはあります。

言うタイミングを逃してしまい、後になって、自分の主張をいうことも多いです。

後からあの時こう思っていた、こんな意味だと思っていたなどと言い始めると、周りの人の気持ちをも落ち込ませることがあります。

ちゃんと言うべきタイミングで、主張できないことは、周りにも大きな損をさせてしまい、さらに自分も落ち込んでしまう結果になりかねません。

自信がない人

メンタルが弱い人は、自信を持つことができない人が多いです。

周りから見ると、きちんと出来ているように見えることでも、自分自身に対して、ずっと疑いの気持ちを持ってしまうようです。

これを続けてしまうと、例えば、周りから褒められても、それを素直に受け取ることができないため、周りをも不快にさせてしまいます。

自分を信じることができないため、さらに回りも信じることができず、トラブルを起こすこともあります。

ネガティブな人

先ほどもお伝えした、メンタルが弱い人の特徴で、自信がない人とお伝えしましたが、そのため、自分の気持ちを外側に向けることができず、内にこもってしまう傾向があります。

自分の中だけで考えるので、うまくいかなかったことを嘆くばかりで、先に進もうという思考になりません。

いわゆる、ネガティブ思考に陥ってしまうのですが、そのネガティブな点もメンタルが弱い人の特徴です。

人の目を気にする人

メンタルが弱い人は、人の目を過剰に気にする人が多いようです。

メンタルが強い人は、ちゃんと周りと強調しつつも、自分の中で譲れない部分があれば、しっかりと主張し、自分自身の意見を通します。

メンタルが弱い人は、自分の言動でどう物事が進むのかよりも、自分の言動自体が、どう周りから見られているのかの方が、気になる人です。

仕事や恋愛など、人と関わることにおいて、相手の気持ちを考えて行動するより、自分をどう見せるか、その方が気になるばかりに、トラブルになったり、恋愛もうまくいかないことも多いです。

緊張しやすい人

メンタルが弱い人は、緊張しやすい人が多いです。

誰でも、なにか初めての出来事には緊張したり、失敗したりするものですが、その緊張を拒んだり、一度の失敗から再度チャレンジするということをしなかったりする傾向があります。

その結果、経験値が上がらないため、緊張をすることに慣れずに、場数を踏めば上手くできることも、上手くいかなくて、泣く場面が多くあるようです。

取り越し苦労が多い人

メンタルが弱い人の中には、今まだ起こってない先のことを、あれこれと考えすぎて、それだけで心が消耗してしまう人も多いです。

取り越し苦労というのは、先のことを心配して、何も行動せず、ただただ心配だけすることです。

メンタルが強い人と、弱い人の差は、心配している先のことに対して、行動するかしないかです。

そのような人を見ていると、見ている周りの人も辛くなってきます。

今考えても意味がないことをくよくよ悩むよりも、今できること、やるべきことを、しっかりとやるといいでしょう。

メンタルが弱い人の原因

これまで、メンタルが弱い人の特徴をお伝えしてきましたが、このメンタルが弱い原因は何でしょうか?

生まれつき、病気になりやすい体質があるように、メンタルにおいても、個人差があるようです。

しかし、成長していく中で、親や周りの友人知人との関わりで、失敗とチャレンジを繰り返していき、メンタルの弱さを克服していく人がいることも事実です。

その点を考えると、メンタルが弱い人の原因は、メンタルが弱いということを気にしすぎて、行動せずに、さらに弱くなっていくことではないでしょうか?

メンタルが弱いということも、一つの個性だと考えて、それとどう向き合うか、考えて行動することがメンタルの弱さを克服するヒントかもしれません。

メンタルを強化する方法

最後に、メンタルが弱いと思っている方へ、メンタルを強化する方法をいくつか紹介していきましょう。

メンタルを強くしていくと、仕事においても、人との関わりにおいても、自信がついていきますし、なにより、前向きになれます。

一日二日ですぐにとは難しいかもしれませんが、日々の努力できっと克服することが出来ると思います。

人との違いを認める

まず一つ目に、人とは違うということを認めて受け入れるということが大切です。

メンタルが弱い人は、人の目を気にするとお伝えしましたが、他人と比較して、その人よりメンタルが弱いからダメだと考えることは、あまり意味がありません。

自分と同じ存在はないのですから、他人と違っていて当たり前ですし、自分は自分だと、割り切って考えることが大切です。

メンタルが弱いと認識している人は、まずは、メンタルが弱いことを受け入れ、それをどうしていくのかを、考えることに力を入れたほうがいいです。

失敗を認める

次に、メンタルを強くするために、失敗することに、過剰に反応せず、失敗を認めることが大切です。

仕事でも恋愛でも、最初からうまくいくことは希なことです。

新しいことにチャレンジすると、失敗することは多々あります。

ただ、この失敗をしないと、成功もありませんので、失敗した時に、その事実だけを見て、クヨクヨするのではなく、失敗をどう成功に繋げるか考えるようにするといいでしょう。

自分を褒める

メンタルが弱い人は、自分に自信がもてないとお伝えしましたが、メンタルを強くするには、少しでも自分に自信を持てるように自分を褒めることが大切です。

他人からの褒め言葉も、拒否してしまうのが、メンタルが弱い人の特徴ですが、他人からの褒め言葉も、素直に聞き入れ、自分自身でも褒めて行くことを心がけるといいでしょう。

ちょっとしたことでも、自分を褒めてあげることで、自信も少しずつついて行きます。

そのうち、他人からの褒め言葉も素直に、「ありがとう」と受け取れるようになるはずです。

良い習慣を身に付ける

先ほどの、自分自身を褒めることに続き、メンタルを強くするには、自分自身を褒めるきっかけを作るために、日々の良い習慣を身に付けることをおすすめをします。

ちょっとした掃除や、ストレッチ体操など、小さなことだけれど、自分の生活をより良い方向に改善できる何かを続けていきましょう。

毎日続けていくことが、やがて自信になり、それが自然とメンタルを強くしていきます。

体質改善を行う

メンタルを強くするには、病気をしないカラダを作ることもとても大切です。

スポーツをする人が、メンタルも強化していくのは、カラダを強くしていくことと、メンタルを強くしていくことは、相乗的に効果があるからでしょう。

毎日の食事や生活習慣においても、暴威暴食しないように心がけたり、睡眠を十分にとったり、運動も定期的に行うことで、メンタルを強くすることにも繋がっていきます。

まとめ

メンタルが弱い人の特徴から、メンタルを強くする方法まで、ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

メンタルが弱くて、クヨクヨしているだけは嫌だと、考えている人は、ぜひこれをきかっけに、行動を起こしてみてはどうでしょうか?

何事も最初からうまくいくことはあまりありません。

まず、変わろうと思えた自分を褒めてあげて、そして、小さなアクションを起こしてみましょう。

小さな積み重ねがきっとよりより人生を導いてくれることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました