人生をよりよく生きるために、自分を好きになる5つのコツ

人生をよりよく生きるために、自分を好きになる5つのコツ自己啓発

自分のことを好きになることは、難しいことでしょうか?

実は、ほんの少しだけあなたの意識を変えるだけで、自分の長所を見つけ、自信を持って生活できるようになります。

たとえ人と比べて劣っているところがあっても、だからといって自分を嫌いになる必要はありません。

それがあなたの大切な個性です。

まずはそれを受け入れることが大切です。

自分のことを好きになって、よりよい人生を過ごせるように、これからお伝えすることが役に立てば嬉しいです。

自分を好きになると得られるメリット

私たちは、学校や職場など、普段の生活の中で何かと他人と比較をしてしまいがちです。

それは、容姿であったり、テストの点数、仕事ぶり、いろいろなところで他人と比べてしまいます。

その結果、他人より劣っている自分に凹んでしまうという経験も少なからずあるかもしれません。

しかし、それを上手く克服することで、少しでも自分のことを認めることができたり、自分のことを好きになることができたら、きっと、日々の生活で良かったと思えることが多くなるのではないでしょうか。

ここでは、自分を好きなることで得られるメリットについていくつか紹介していきます。

人間関係の悩みを減らせる

私たちが日々生活する中で、人間関係に関する悩みは、多くの人が抱えている悩みでしょう。

しかし、自分のことを好きになると、人間関係の悩みが減ると言われます。

自分のことを大切にできるようになるため、自分が苦手な人との距離を置けるようになったり、自分の言いたいことを言える自信を持てるようになれるからです。

自分の気持ちを言えないと、「自分にはコミュニケーション能力がない」「人間関係がうまくいかない」と考えてしまいがちになります。

自分が思っていることは、きちんと口に出して伝えないと、相手が勝手に自分の気持ちを汲んでくれるということはほとんどありません。

自分のことを知ってもらうことが、相手と良いコミュニケーションを取る第一歩です。

私はこういう人間だから、そういう私を相手にも知ってもらいたいと思えることで、人間関係の悩みも減り、気を使うことも少なくなり楽になっていくでしょう。

自分に良い選択ができる

人間関係の悩みが減ることに加え、もう一つ、自分を好きなると、自分のことをより大切に扱うことができるようになります。

その結果、生活のいろいろな場面で、自分にとって良い選択をすることができるようになります。

自分を大切にするということは、あまり我慢をせずに、自分らくし、自分がしたいことをやっていくということです。

自分の気持ちを押し殺してまで、やりたくないことをすることは、逆にストレスを抱えてしまうことになるので真逆の状態です。

ある仕事を頼まれた時に、あまりにも自分だけが我慢をしなければいけない場合は、相手には悪いですが、断る勇気も必要です。

無理して引き受けて、自分が壊れてしまっては、本末転倒と言えるでしょう。

自分を好きになる方法

自分を好きになると、自分が抱えるストレスが減っていきます。そうすると、生活そのものが楽しくなっていきます。

今からご紹介することを普段の生活の中で、少しでも取り入れることで、生活がより楽しくなっていくと思います。

劣等感を受け入れる

先程も少しお伝えしましたが、私たちは人と比較をしたがります。

そこで、他人より劣っていると感じると、それを自分の短所と思い、コンプレックスを抱えてしまいます。

しかし、このコンプレックスについて、少し見方を変えるとどうでしょうか?

このコンプレックスは、個性と言えます。自分の大切なアイデンティティとしてこの個性を受け入れることはできないでしょうか?

短所でも、それは自分の立派な個性です。短所でも受け入れることができれば、ストレスを感じることは少なくなるでしょう。

好きな人と付き合う

自分を好きになると、人間関係が良好になるとお伝えしました。

ありのままの自分を出せるので、ストレスがなくなるからです。

今の生活で、嫌いな人、苦手な人とばかり付き合ってはいませんか?

そのような人ばかりが周りにいると、うかつに愚痴もこぼせず、緊張してしまいますね。

そういう場合であれば、人間関係を一度リセットし、自分が好きな、ありのままの自分を出せる環境で生活してみてはどうでしょうか。

きっと、楽しい生活が待っていると思います。

自分を大切に扱う

自分を追い込みすぎて、身体を壊した経験はないでしょうか?

自分を大切に扱うことで、自分を好きなることができます。

もし身近に大切な人がいる場合は、自分のことも、その大切な人を扱うように意識してみましょう。

大切な人のことを傷つけたりはしないはずです。大切にすることで、どんどん好きになっていくはずです。

しかし、自分を大切にすることと、極端にナルシストになったり、甘やかしすぎたりということは、似ているようですが、全く違うので注意が必要です。

言い訳や他人批判をやめる

素直に自分を出して生活することが自分を好きになる方法の一つです。

そういうことを考えると、言い訳が多い人や、他人の陰口悪口がクセになっている人は注意が必要です。

できない理由や、やりたくない理由を探すのが上手になると、それは自分を変えないという頑固な状態です。

悪口や批判などのネガティブな言葉は少なからず自分にマイナスの影響があります。

そのようなストレスになることをやめて、素直になんでもやってみたり、受け入れようという寛容な気持ちを意識することが大切です。

好きなものに囲まれる

自分のお気に入りの洋服を着て出かける時に、普段より気持ちが高まるという経験はありませんか?

逆に、人に見られたくない服を着ているとコソコソと隠れてしまいますね。

自分の好きなものに囲まれて生活する、これは簡単なことのようですが、意外と難しいようです。

しかし、意識していくと、少しずつ自分のことが好きなりますよ。

社会的評価を得る

最後に、長いスパンをかけて、自分のことを好きになるようにしたいのであれば、社会的な評価を得るように努力しましょう。

これは、職場や学校、イベントなどで、憧れる存在になるということです。

まわりから、「すごい!」と思われる存在になれば、自然と自分のことが嫌いという気持ちは薄くなっていき、自信もついて行くことでしょう。

自分を好きになれない人の特徴

自分のことを好きになる方法をお伝えしましたが、最後に、自分のことを好きになれない人の特徴をお伝えしましょう。

自分はそれに当てはまらないかぜひチェックしてみましょう。

自分を犠牲にする人

自分を好きになれない人は、自分の気持ちを押し殺して我慢したり、自分を犠牲にする傾向があります。

人間関係で言うと、自分より優れていると感じる人に対して時間や努力を捧げます。

それは、無意識のうちに認められたいという気持ちが働くためです。

その他にも、睡眠時間を削って活動しようとしたり、食事をおろそかにしたりと、自分のことを大切にしない行動をする傾向があるので、自分にそのような傾向がないかチェックしてみましょう。

誰かを神聖視する人

自分を好きになれない人ほど、尊敬する人をまるで神様のように崇拝する傾向があります。

異様なまでに尊敬するあまり、その人の言葉使いや、振る舞いを真似したりすることもあります。

そうすることで、自信があるように見えることもありますが、それは、自分に自信がないことの表れです。

憧れの対象に自分を重ねることで、自分にも魅力があると思い込んでいるに過ぎません。

完璧主義な人

自分を好きになれない人ほど、完璧主義で物事を完璧に考える傾向があります。

周りから見ると、些細なことでも、本人にしてみれば大きな問題で、神経質に立ち振る舞うこともあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分を好きになると、人生が変わるといっても過言ではありません。

しかし、今もしあなたが自分のことを好きになれない状態であれば、好きになれるようになるまでにある程度の時間がかかります。

なぜならば、自分を好きになるということは、自分の中の習慣や意識をかえていくことだからです。

いきなり意識や考え方を変えるのは難しいかもしれません。

ですが、自分の欠点ばかりに目を向けず、長所や評価されるところに注目して、日々の生活を変えていくと、きっと着実に自分を好きになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました