メンズの全身脱毛を考えているあなたに!知っておきたいお役立ち情報

いまは、メンズであってもムダ毛を気にする時代です!

テレビのコマーシャルや雑誌の広告などで、メンズ全身脱毛についてのサービスを頻繁に目にするようになりました。電車の吊り広告などで男性専用の脱毛サロンの広告を目にする機会も多くなっています。こういった状況からも、メンズの全身脱毛が珍しくない時代になったということがおわかりいただけるのではないでしょうか。

増毛・剛毛化したら全身脱毛する前に考えておきたい4つのこと

それどころか、女性に好印象を抱いてもらいたいと考えるのであれば、毛深いことはデメリットになりかねないと考えておいた方がいいでしょう。

男たるもの、脱毛などにうつつをぬかしてはいけない、などと考える時代は終わったのです。いまや、毛深いということが男らしさのサインであることはなく、無骨で無愛想、ゴツゴツとした印象だけが男性を定義するような狭量なコンセプトはなくなりました。異性に対してだけでなく、同性に対しても、不快感を与えないように気を使うことがスタンダードになっているのです。

ご存知でしたか?明治維新の前までは男性が化粧をしていたということ

とても驚かれる方が少なくないかもしれませんが、江戸時代などは男性も化粧をしていたということが民俗学的に明らかになってきています。では、いつ頃から男性が化粧をしなくなったかというと、明治維新がきっかけ。明治維新で西洋の男女間、いわゆる男らしさと女らしさが導入されることで、わたしたちが一昔前までとらわれているようなイメージが広まっていったというのです。つまりその前までの時代においては、男性でも化粧をするということは珍しいことではありませんでした。

また、江戸時代の風物を記した本などによると、この頃の銭湯には毛切り石と呼ばれる軽石のようなものが置いてあったといいます。この時代はふんどしを下着代わりに身につけていましたので、ふんどしを巻いたときにはみ出てしまうムダ毛を、この石を使って抜いていたそうです。ほかにも、まわりの目にさらされることの多いすね毛などの濃いムダ毛についても、毛切り石を使って処理をする男性が少なくなかったとも言われています。

つまり、いま話題になっているような、メンズの全身脱毛ということについては当時まったく珍しい話ではなかったのです。

銀座カラーのタトゥー周辺への脱毛について教えて!

いまからたったの150年ほど昔までの時代では、男性が脱毛をするという行為が当たり前に行われていたのです。

メンズの全身脱毛をすることによるメリットについても確認しておきましょう

メンズの全身脱毛のメリットにはいくつかありますが、まずは、上にもご説明したように、まわりのひとに好印象を与えるための手段ということ。異性だけではなく、同性に対しても配慮をするのが当然の世の中になっています。特に、営業職の方は第一印象がとても大切。顔や手の甲のムダ毛を中心として、全身脱毛を行っている方が少なくありません。特にひげの濃い方が脱毛をすることで、ひげ剃り後の青白く残っていた剃り跡が目立たなくなり、見た目に若々しい印象をより強く与えることができるようになります。

また、全身脱毛を行うことのメリットとしては、お肌のコンディションをよくすることができるということも。ムダ毛がたくさん生えている状態では、汗をかいたあとに汗がムダ毛にせき止められるようになり、毛穴が汗で塞がれるなどの状況が起こりがちです。こうなると毛穴が適切に新陳代謝を行うことが難しくなり、余分な皮脂や空気中の汚れなどが蓄積されやすくなってしまうのです。そういった状態が長く続くことで毛穴が炎症を起こし、大人ニキビなどのお肌のトラブルを巻き起こしてしまうことになりかねません。ムダ毛を処理するだけで、毛穴をよりすこやかな状態にキープできるようになります。